困る女性

北欧生まれのホワイトニングペースト

歯についた汚れは、普通の歯磨きで落とせても、着色汚れは中々落とせない!厄介な着色汚れを減らしたい!そんなあなたにうってつけなのがリリーホワイトです。歯にシビアな国で誕生したホワイトニングペーストの評判はどれほどでしょうか?

1 リリーホワイトとは?

リリーホワイトは、世界一虫歯患者が少ない北欧スウェーデン生まれの家庭用ホワイトニングペースト!

普段の歯磨きで使えば、虫歯・口臭・黄ばみが防げちゃいます♪

しかも、歯ブラシにつけて3分磨くだけなので、誰でも簡単に扱えますよ(^^)

何より、一般的な歯磨き粉に含まれる研磨剤は使われていないので、歯にも安心!

北欧スウェーデン

2 リリーホワイトの良い口コミ・悪い口コミ

簡単に扱えるリリーホワイトは、効果はどれほどでしょうか?関連の口コミをいくつかピックアップしてみました!

【悪い口コミ】

困る女性

①[30歳 女性]★★☆☆☆

使い勝手は、市販の歯磨き粉と同じ感覚なので楽でした。
キシリトール特有の、すっとした感じがあったので口の中をリフレッシュさせられました。
肝心の、ホワイトニング効果はあまり感じられませんでした・・・歯医者のホワイトニングと同じで早めに効果が現れるのか期待していたんですが・・・
もう少し、使ってみて本当に歯が白くなるか様子見してみます。

困る女性

②[27歳 女性]★★☆☆☆

味も、癖がほぼなかったので、抵抗なく使えました。
早い段階で、歯が白くなると期待してたんですが・・・
ホワイトニングの効果が現れるのは、まだまだ先のようです・・・
市販の歯磨き粉と違って泡立ちが少なめなので、磨いている最中に泡が口から出にくいのと、口を濯ぎやすいのは嬉しいです。

【良い口コミ】

喜ぶ女性

①[25歳 女性]★★★★☆

ドライマウス気味だった口内もすっかり良くなりました♪
今まで、解消できなかった口臭が、リリーホワイトのおかげで良くなりました!おかげで、口臭を良くするタブレットにお金をつぎ込まずに済んでいます!
それに、3週間使い続けたら、前より歯が白くなりました。これなら、毎日のマウスケアにうってつけと思って、家や職場でも愛用しています。

喜ぶ女性

②[31歳 女性]★★★★★

コーヒーやワインを飲む頻度が多い方なので、歯の汚れが気になっていました。
リリーホワイトを使ってから、1ヶ月で汚れが目立ちにくくなっていたのが嬉しかったです。おかげで、コーヒーやワインをやめずに済みました!

どうやら、リリーホワイトには色んな口コミがあるみたいですね!
悪い口コミを見てみると、即効性のホワイトニング効果に期待している人がほとんど。良い口コミのほとんどが、長期的に使い続けた人が多いようです。使用期間が、口の中にもたらす効果に明暗をわけたようですね。
では、SNSではリリーホワイトの評判はどうなっているんでしょうか?

3  SNSでの評判は?

Twitterで、リリーホワイトをリサーチしたら、「ホワイトニングと口臭予防が同時にできる!」「歯磨きするだけで簡単!」と言った意見があれば、効果が気になってどこで販売しているのか気になっている人もいました。
効果を実感できた人もいれば、効果は本物か試してみたいという人で溢れているようです!

4リリーホワイトの〇〇効果

黄ばみ・虫歯・口臭予防に最適!
リリーホワイトは、単純に歯の着色汚れや虫歯・歯周病を予防するだけではありません!歯を根本から支える土台である歯茎も健全に保つための成分も含まれています。いつまでも健全な歯を保つために、口内全体の健康も考慮しているみたいですね♪

5 使い方~付属品&取扱方~

① 普通に歯磨きをした後、歯ブラシにリリーホワイトを付属のスポイトを使って垂らす。
※電動歯ブラシでも大丈夫!
② 3分かけて、歯をまんべんなく磨く。
※強く磨きすぎない!軽く指でなぞる感じで磨く。
③ 水かぬるま湯で、口をゆすぐ。

6 含まれている成分と副作用

《配合されている成分》
 イソプロピルメチルフェノール
殺菌作用に優れた成分で、歯や歯茎に付着する歯垢や歯周病菌をシャットアウト!
虫歯・歯周病や口臭予防に効果てきめん。

 ビタミンE酢酸エステル
歯茎の血流を促進させる成分!
血流から歯茎を健康的にする。

 グリチルリチン酸ジカリウム
歯・歯茎の健康を整える成分!
口臭対策や歯周炎の予防に効果的。

 ポリリン酸ナトリウム
歯のステイン落としと歯のコーティングを行う成分!
白く美しい歯に導いてくれる。

《気になる副作用の症状は?》
 イソプロピルメチルフェノール
殺菌作用に優れていますが、使い続けることで体に悪影響を及ぼしません。

 ビタミンE酢酸エステル
過剰に飲み込んでしまうと、胃腸への負担・中毒症状の発症、骨粗しょう症を引き起こす場合があります。
また、体質によってはアレルギー症状を引き起こすことも・・・
使用中はうっかり飲み込まないよう注意して下さい!

 グリチルリチン酸ジカリウム
グリチルリチン酸系の成分は、免疫抑制作用による軽度の痒みや炎症を引き起こすそうです。ですが、国の基準で使用量は厳しく制限されているので、過剰に摂取しない限り問題ありません。

 ポリリン酸ナトリウム
摂取量にさえ気をつければ、体には無害な成分。過剰摂取すれば、腸を刺激して下痢を引き起こさせたり、腎臓の石灰化や結石を引き起こしたりするケースもあります。

リリーホワイトに含まれる成分は、歯に必要な成分ばかりで作られている反面、過剰に使用し過ぎると体に何かしらの影響を及ぼすみたいです。用法用量を守って、根気よく使い続けるのを意識しましょう!

7 他との違いは?

リリーホワイトは、他と何か差異があるのでしょうか?歯を白くする他の方法と比べてみましょう。

歯科でのホワイトニング治療の場合
施術手順 ホワイトニング剤を散布後、レーザーやLEDの光を照射
痛み 口内の状態によってはしみる
施術時間 約30分~1時間
料金 40,000円~60,000円程

歯科でホワイトニング治療を受ける場合は、何回か回数を重ねなければならないので、通院は勿論ですが毎回高い料金を支払うのが面倒に感じちゃう人もいます。

ホームホワイトニングの場合
手順 歯科で自分専用のマウスピースとホワイトニング剤を受け取って自分で行う
痛み 口内の状態によってはしみる
かかる時間 約2時間
料金 10,000円~60,000円程

自宅で行える手軽さを持つホームホワイトニングは、好きな時間で行えますが長い時間がかかるのと費用的にも負担に感じちゃいますね。

リリーホワイトの場合
方法 歯ブラシに、適量のジェルを垂らして磨く
痛み 少なめ
かかる時間 3分
料金 3,980円程

リリーホワイトは、好きな時に使える手軽さとリーズナブルさを兼ね備えています。普段の歯磨きと同じ感覚で使うので、特別難しい品ではないし、かかる時間も短め♪
また、使う度に歯を白く整えてくれ、早くて2、3週間で効果が現れてくれます。

8 どこで購入するとお得?

公式サイトでの販売価格
単品価格 6,580円(税別) 送料が別途で600円
定期購入(1本) 3,980円(税別) 送料無料
定期購入(2本) 7,164円(税別)
※一箱あたり3,582円
送料無料

リリーホワイトを取り扱っているところは、公式サイトのみ!定期購入をすれば、通常価格よりもだいぶ安い料金で、毎日の歯磨きに取り入れられます。しかも、定期ならオフ価格がずっと続くそうです。お得に使いたいなら、定期購入が断然おすすめ♪

ちなみに、リリーホワイトは定期の休止や解約がいつでもできるのが魅力!仮に、効果的に満足できなかった場合、2回目からの休止や解約の申し込みを受付けてくれます。お客様の要望に柔軟な対応をしてくれるのは大助かりですね♪

9 Q&A

Q:本当に白くなるんですか?

A:個人差はありますが、早い人だと2週間ほどで歯が白くなったそうです。

Q:アレルギーが心配です・・・

A:リリーホワイトは、安全な成分を使用しています。もし、心配でしたらかかりつけの医師か薬剤師と相談した上で使用してはいかがでしょうか?

Q:効果が現れたらちょくちょくサボっても大丈夫ですか?

A:効果が現れても、使い続けるのをおすすめします。汚れは、日々蓄積されます。使い続ければ歯の健康状態を維持しやすいですよ。

ホワイトニングの説明

10 リリーホワイトはこんな人におすすめ

●お金をかけずに歯を白くしたい!
リリーホワイトを定期購入すれば、費用的にも負担が少なくて済む!

●しみるのが怖い
刺激は少なめなので、ストレスなく使える!

●忙しくて、なかなか歯科を訪れる暇がない
自宅で気軽にできるので、忙しい人でも扱いやすい!

●手短に歯を白くしたい
3分間、普通の歯磨きペーストと同じ感覚で使えるので、時間はかからない!

11 まとめ

予防歯科先進国生まれのリリーホワイトは、歯磨きペーストと同じ要領で3分間磨くだけなので、難しい要素はほとんどありません!使い続ければ、黄ばみを抑えられるし、校内の環境もよくなるので一石二鳥ですね♪公式サイトなら、お手頃価格で手に入るので、毎日の口内ケアにうってつけです!リリーホワイトで、年齢を重ねても、健康的な歯を維持し続けましょう!

笑顔の女性

ホワイトニング】の関連記事
  • アルバニアホワイトニングクリーム
    アルバニアホワイトニングクリームの効果を口コミからリサーチ!
  • 困る女性
    厄介な歯の汚れ対策【リリーホワイトの口コミ評判に迫る】
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。